Logicool G502 最強のマウス

アイテム・デバイス

現在使っているマウスであるG502をここで紹介したい。このマウスは最強のデバイスだと考えている。

約1万円するゲーミングマウスで普通のマウスにはない機能がたくさんついている。私は基本ゲームではなく、通常用途で使っている。

 

機能の紹介

ボタンの数

このマウスにはプログラム可能な11個のボタンがついている。実際には親指付近に3つのボタン、人差し指は右クリック、左クリックの他に2つのボタンがついている。そして、ホイールは押し込み以外に左右に倒すことでボタンとして機能する。

 

プロファイルを3種類設定可能

さらにボタン配置を3種類まで記憶して、真ん中のボタンで切り替えを行うことができる。私は基本のネットサーフィンのプロファイルと、プログラミング時のプロファイルと、FPSゲーム時のプロファイルを記憶させている。

状況に応じてプロファイルを切り替えることによって、最適なボタン配置のマウスになる。

 

ホイールが2パターン

ホイールを切り替えられるのも大きな特徴だ。一つは超高速スクロールというもので、勢いをつけてまわすと少ない抵抗で回り続けるため、長いWebページを閲覧するときなど役に立つ。もう一つはクリック・トゥ・クリックモードと言われるもので、ホイールに抵抗が生まれて、少しずつホイールを動かせるようになる(通常のマウスと同じホイールになる)。この状態は少しカタカタ引っかかる音がするが家で使う分には気にならないレベルだ。

 

形状

手にフィットしやすい形状になっている。親指の部分がくぼんでいてハマりやすく、さらに右クリック、左クリックのボタンも微妙にくぼんでいてマウスを握りやすい。

比較的大きいサイズのマウスに分類されるが、私にとってはちょうどいいサイズだ。極端に手が小さくなければ問題なく使えるはずだ。

 

かっこいい

これは人それぞれだが、形状がとてもかっこいい。メカメカしい。設定した色に光ってくれる(1680万色)。

 

他にも精度の高い光学センサーが使われていたり、重りによって重さを変えられる、DPIを瞬時に変更できるといった特徴もある。ゲーミングマウスのため、丈夫な構造でボタンがへたりにくいらしい。

 

自分のボタン配置

私が実際に設定しているボタン配置を紹介します。ボタン配置はPCにゲームソフトウェアをダウンロードすることで簡単に割り当てることができます。

通常モードの配置です。

これがロジクールのソフトウェアの画面です。ちなみに私はWindowsを使っているので、Windowsのショートカットキーが割り当てられています。

まず、右クリックと左クリックの用途はそのままにしています。当たり前ですが(笑)

親指のボタン配置は戻るボタンと進むボタンにしています。これがあるかないかでネットサーフィンの快適度がだいぶ変わります。そして親指の先にあるボタンはCtrlに設定されていて、これを押しながらスクロールをすることで画面の拡大縮小ができます。割と便利です。

人差し指の左の方にある二つのボタンはコピーとペーストにしています。

そしてホイールを左右に傾けると今見ているウィンドウを画面の左右に寄せることができます。何個もウィンドウを開く人にとっては便利な機能だと思います。

 

このように、このマウスを使うことによって作業効率を上げることができることは間違いないでしょう。

私はこのマウス以上に性能が良くてかっこいいマウスはないと思っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました