ブログ 2020年3月第2週

ブログ

ブログ連載について

 一週間ごとにブログでも書こうかなと思いました。というのも、僕は毎日、日記のようなものをでかい手帳にまとめていて、かなりたまってきました。そして、毎週の最後にその日のふりかえり的なまとめをするのが習慣になっています。これはおすすめです。俺流の日記方法でもまとめて記事にしてもいいかもしれないと今思っています。それぐらい、日々の行動を記録するのは大切だと思います。

 この日記は僕しか見ないアナログなものですが、せっかくブログサイトを作成している訳なので、一週間ごとの出来事をここに載せていくのを試験的に始めてみたいと思います。プロのブロガーとかは毎日書いているのかもしれませんが、僕は毎日質の高い文を書くのは無理なので、試験的に一週間ごとに書いていきます。

 僕は正直、アプトプットとしてネットで発信する重要性みたいなのはまだ感じていない気がしています。でもいろんな本に、発信しろと書いてあってどういう効果があるんだろうと疑問に思います。続かないと思ったらやめます。でも毎日書いている日記とリンクして、公開用に少し書き直すだけなのでなんだか続くような気もします。

 ということで、先週を少しまとめていきます。

研究のこれからについて考える

 先週学会発表を終えて、それについて記事にまとめました。

国内学会で発表してきました(DEIM2020)
DEIM2020に参加してきました3/2~3/4に、DEIM2020(第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム)で発表をしてまいりました。データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム) は,デ...

 手ごたえとしては、本気で研究をやっている修士の学生や企業の方の研究のレベルが高くて、僕の研究はまだまだだなという風に感じました。まず、自分の研究の関連研究の量が圧倒的に多かった。これは僕の読んだ文献の少なさに原因があり、これから研究を進めていくにあたり、その分野の関連研究のリサーチにもっと多くの時間を割く方針で進めていきたいと思います。

 同時に、今の研究は0から僕が作り始めて、何度も改造を重ねた結果生まれた感が自分の中にあって、この研究をあのレベルの研究(DEIMの他の発表者の研究)に発展させていけるのか少し不安になっています。もちろん、ここで終わらせるのはもったいないので、続けていきたいとは思いますが。

 あと、僕はもっといろいろな研究分野に触れてい見たいという感覚があって、今週は機械学習にしぼって参考書を購入してきました。

 これだけで1万円を超えました。たぶん基礎的なものなので、これから読み進めていきます。できれば三月中にある程度進めていきたいです。

部屋の大かたずけと断捨離

 最近ミニマリストしぶさんのYouTube動画を見ていて、それに影響を受けて、「手ぶらで生きる」を読んだ後、部屋の断捨離を行いました。

 具体的には、まず持っている洋服の5分の4を捨てました。その服はベッドの下とか押し入れに押し込まれているものが多く、もう着る予定がないのに保存されている服がこんなに保存されていたのかと驚きました。服の大半を捨てたら今度はベッドがいらない気がしてきたので、ベッドを捨てました。捨てたというかおばあちゃん家に運びました。これからは敷布団で生活していきたいと思います。そのほかも、洗濯干しやいらないリュックや毛布も全部処分しました。

千葉雅也「勉強の哲学」がよかった

 昔に買った「勉強の哲学」という本がずっと積読状態になっていました。それをふと手に取って読み始めたら面白すぎて、一気に読了しました。この本については、記事を書いて考えたことをまとめたいと思っています(予定)。

 これまで自分が感じていた、勉強をすることによる副作用のような、自分の気持ち悪さが増す感覚について、理解することができました。

勉強成果のアプトプットをうまくコントロールできず、適当に流しておけばよい状況でアイロニカルな、また変にユーモラスな発言を「やらかして」しまう。それは避けがたい。そんな風になりたくないと思うならば、それは、勉強への大きな抵抗です。その抵抗を突破するために、少なくともある時期は、アイロニカルな、ユーモラスな発言のやらかしを積極的にやろうとするくらいでいい、とすら言いたいのです。それが勉強をドライブする。しかし、その先の段階がある。 (引用「勉強の哲学」)

 この本は共感できる部分というか、自分のこれまでに当てはまる事象が多すぎてうなずきながら読んでいました。特にこの部分は、昔書いた記事の内容が今となってはよくわからないことだらけで、削除した私と全く同じ状況というか、変な発言をやらかしすぎたなと最近になって思っていた結果起こした行動です。それも説明されていました。

 しかし、これは避けられない。この本はものすごく心にしみました。僕の愛読書の一冊になると思います。

 右がここで紹介したもの。おもしろすぎて左のメイキング・オブもAmazonで即購入しました。それにしても、東大で1番読まれているというキャッチフレーズを使っている本が多すぎる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました